FX外為証拠金取引の情報は「やったるぜFX外為証拠金取引」
北海どんどんのお取り寄せ「世界一美味しい海産物を直送!!」

北海道グルメはおいしいものばかり、全国に北海道ブランドが浸透しているほどファンが多いのもうなづけます。品質は確かだが少しでも安く買いたい人は毎回7%割引(北海道グルメ大使は12%割引)で購入できるこちらをオススメします。



◆お急ぎ下さい! 前代未聞の7ティア北海道グルメアフィリエイト

グルメもショッピングも最大100%キャッシュバック!

これぞクーポン!!高額キャッシュバックGETの方法


★楽天でFX関連のランキングを見てみる★

最近の記事

FXの法律で禁止されました。

FX外国為替証拠金取引は金融商品取引法という法律に基づいて運営されています。

金融商品取引法では、FX外国為替証拠金取引業者を含む金融商品取引業者に登録を義務付けました。

また、金融商品取引業者(その役員または使用人を含む)がFX外国為替証拠金取引の受託等を行う際、以下の行為は金融商品取引法において禁止されました。


不招請勧誘の禁止

勧誘の要請をしていない人に対して、訪問または電話をかけて勧誘することは禁止です。

資料を請求してもしつこい電話がかかってこないのはこのような法律ができまからなんですね。


損失補てんの禁止

顧客に対し、損失の全部若しくは一部を負担することや利益を保証することは禁じられました。

自己責任の原則ですね。約款などはよく読んでおきましょう。


一任売買の禁止

取引の数量や約定数値などについて、顧客の同意を得ないで定めることができるとする契約を締結することは禁じられています。


断定的判断の提供の禁止

利益を生ずることが確実であると誤解するような断定的判断を提供して勧誘することは禁じられています。


参考:マネーパートナーズ

このあとは別の FXブログを見に行く

FX外為証拠金取引の魅力

他人より儲けたければ株よりも断然、FX外国為替証拠金取引です。

FXを始めて2週間ですが、ドル・ポンド・南アフリカランドのロングで連勝中です。

無理なレバレッジをかけなければ全然怖くないですよ。

改めてFXの魅力をまとめてみたので興味ある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

FXの魅力1
少額の元手で高いリターンが狙える

FX投資は証拠金取引のため、少ない資金で為替取引が可能。レバレッジ(テコの原理)効果により、5万円前後の証拠金で1万ドルの取引ができる。


FXの魅力2
スワップ金利(金利差益)で安心投資

高金利通貨を買えば2国間通貨間の金利差相当額として、スワップ金利を毎日受け取ることができる。そのため、レバレッジをかければ、年10%以上の金利も期待できる。


FXの魅力3
リアルタイムの為替レートで取引できる

インターバンク市場で取引されている為替レートに近いレートでリアルタイムの取引ができる。そのため、市場のダイナミックな動きを利用して、タイミングを見て取引ができる。

FXの魅力4
24時間いつでも取引ができる

外国為替市場は世界のどこかのマーケットが開いているため、24時間いつでも取引ができる。そのため、サラリーマンでも夜にリアルタイムの投資が楽しめる。

FXの魅力5
取引コストの低さ

外貨預金の場合は取引コストが1ドル往復2〜8円なのに対し、外国為替証拠金取引は1ドル往復10銭以下と手数料が低いので収益機会の増大につながりやすい。
このあとは別の FXブログを見に行く

FXポジション保有通貨の要人発言

FX外為証拠金取引を始めるてある国の通貨を買う(ポジションを持つ)ことになります。

投資する資金量や投資スタイルにもよるとおもいますが、日々のレートは気になります。
現在のレートが高いか安いかは、ある程度チャートをみればわかりますが、その後どう動いていくのかは各国の経済指標の発表を待つしかありません。

であれば、現在の各国の通貨政策・金融政策に影響をあたえる要人は誰なのか、経済指標の発表はいつあるのかを知る必要があります。

そこで、FXで取引されている各国通貨の要人を調べましたので彼らの発言には注意を払っていきましょう。

アメリカドルUSD

米国財務長官
アメリカ合衆国内外の経済の安定を図るための金融政策、経済政策、税制政策を担当。
現在はヘンリー・ポールソン財務長官

米国FRB議長
米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、日本でいうところの日銀総裁。金融政策の策定と実施が主な任務。
現在はバーナンキFRB議長。政策金利4.25%


ユーロEUR

ECB総裁
欧州中央銀行(本部ドイツ・フランクフルト)で、ユーロ通貨加盟国の金融政策や為替操作、ユーロの発行などを行う。
現在はジャンクロード・トリシェECB総裁。政策金利3
このあとは別の FXブログを見に行く

FX会社比較のポイント

FX外国為替証拠金取引ができる会社は大手から中小まで様々です。各社それぞれ個性を打ち出しています。たとえば、扱う通貨の数が多いところやメジャーな通貨だけでなく、マイナーでも金利が高い通貨を扱っているとか、手数料が無料のところや有料でもスプレッドが低く抑えられているとかスワップ金利が高いとか。また、入出金にかかる銀行手数料がかかるところもありますから要注意です。

このように様々な視点で比較していくポイントをあげていきますのでどうぞご自分で資料を取り寄せてじっくり比較してみてください。

というのも、投資スタイルは人それぞれですから、私にとってのベストが必ずしもあなたのベストとは限りません。

FX会社を選ぶ今から自己責任原則は始まっているのです。


1、信頼できる会社かどうかを確認しましょう。
FXを取り扱う会社は平成17年7月1日施行の改正金融先物取引法により、金融庁への登録が必要となりました。
まずは、金融庁のホームページに掲載されている登録業者からFX業者を選択しましょう。

また、FX業者が破綻してしまうリスクが少なからずあります。信託保全をきっちり行っていることはもちろん、自己資本規制比率を目安にしてFX会社が破綻しないかどうか見極める必要があります。
ですから、私はリスクの分散も含めて最低でも3つの口座をもつことにしています。


2、手数料は基本的に安い方がお得

当たり前の話ですが、手数料は安ければ安いほど収益になります。しかし、その分スワップ金利が低いとか、スプレッドが大きいとか、その他のサービスも考えた上で総合的に判断しないといけません。

3、スワップ金利は高いところがお得

スワップ金利はFX会社によって多少の差があります。外貨を買う場合は買いのスワップが高いところが有利となりますが、積極的に売りも行うなら、スワップ金利の高い会社は売りのスワップ金利の支払いも高くなります。
スワップ金利が付加される時間もじゅうようです。短時間のポジションでスワップ金利が付けばそれだけ収益増加が期待できます。
いずれにしても、投資スタイルによって使い分けるのがよいでしょう。


4、レバレッジは投資スタイルにもよるが、50倍あれば十分。

FXの最大の魅力はこのレバレッジですが、レバレッジに関しては各社ともバラバラです。
1万通貨単位の取引を米ドルで行う場合、外貨預金と同様のレバレッジ1倍なら110万円必要ですが、11万円(レバレッジ10倍)、5万円(レバレッジ20倍)、2万円(レバレッジ50倍)で行えるところもあります。
レバレッジを大きくかけることができる会社は少ない金額で大きな金額の投資ができますが、その分リスクコントロールが難しく、ちょっとした油断で大きな損失を被る可能性も高くなります。レバレッジは10倍〜50倍程度かけられれば問題ないといえます。


5、取引単位は1万通貨が最も多い、中には10万通貨からも。

FX会社で圧倒的に多いのが1万通貨単位の取引からです。しかし、FX会社やプラン・コースによっては、10万通貨単位でしか取引できないところもあります。
資金や取引する通貨にもよりますが、FXを始めた当初は1万通貨単位の取引ができるFX会社を選んでおけば小回りもきいて無難です。

6、初回に預け入れる金額は少ない方が取り組みやすい。

FX会社によっては口座開設をして最初に入金する金額に、「いくら以上入金しなければならない」と下限を設定しているところがあります。
金額には5万円以上から数百万円以上とFX会社によってかなり差があります。また、1万円からでも取引可能というFX会社もありますので自分の資金量と相談して決めましょう。


7、取引画面は使いやすいFX会社を選ぶ

基本的なFXの仕組みに関しては、各社共通していますが、実際の取引システムに関しては証拠金の違いなどによって各社に多少の操作性が異なります。
インターネットでの取引の場合、取引画面の使いやすさやチャート画面のみやすさなども重要となります。
取引画面については、各社ともデモトレードといって、無料で取引を体験できるツールを用意していますので誤操作しないようシステムに慣れるまではこのデモトレードを使うのがよいでしょう。
また、どうせバーチャルにFXをするなら景品がもらえるFXゲームを提供しているところもあります。

こちらFXシミュレーションゲーム『NetForexダービー』


まずは無料で始めてはいかがでしょうか。

また、FX各社のシステム自体が安定しているかどうかもポイントになってきます。
システム自体が安定していなければ、注文を出したいときに注文をだせないなどのトラブルが発生し、せっかくのチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

タグ:FX 比較

このあとは別の FXブログを見に行く

マージン・コールとは


マージン・コールとは証拠金が一定レベルを下回ったときに、証拠金の追加を求めたり、ポジションを強制決済したりする仕組みのこと。
このマージンコールの発生する水準は、各業者により違う、また、証拠金の追加を求めず、ポジションを強制決済するだけの業者も存在する。
このあとは別の FXブログを見に行く

ロスカットとは


ロスカットとは損切りのこと。保有しているポジションの損失が一定限度額を超えた場合、これ以上損失をひろげないために反対売買することによって損失を確定すること。
すばやいロスカットを行い、損失を最小限度に限定させることは、FXで利益を上げていくためには非常に重要。
このあとは別の FXブログを見に行く

FF金利


FF金利とはアメリカの銀行間市場金利のことで、政策金利として位置づけられている。このFF金利の変更は、マーケットが常に注目している。
このあとは別の FXブログを見に行く

FX投資のセオリー3


FXでは劣勢になったら早めに損切りを

FX外為証拠金取引では予想がはずれるときもあります。強いと思って買った通貨が、予想に反してズルズルと下がり始めたら、早めに見切ることも大切です。そろそろ上がるだろうと待っていると、損失が拡大し、大損ということにもなりかねません。迷わず見切るためには、その取引を始めるときに、いくらまで下がったらロスカットを行うか決めておくことです。できれば、買いの注文を出したら、すぐにストップロスの逆指値注文を出しておきましょう。


※参考:セントラル短資オンライントレード
このあとは別の FXブログを見に行く

キャリートレードとは


キャリートレードとは低金利国の通貨を調達し、高金利国の通貨で運用する投資手法のこと。
このあとは別の FXブログを見に行く

香港ドルの特徴

FX外国為替証拠金取引は2つの通貨がどちらが強いかを、市場参加者がどう見ているかを考える知的金融ゲームのようなものです。

知的金融ゲームならばゲームのルールである各国通貨のことを知る必要があります。


香港ドル

性格と特色
2001年の中国返還後、金利制度が自由化されたが、米ドルとのペッグ制のため、基本的には米ドル金利の同行に追従する。

値動きの特徴
香港ドルは米ドルに対して7.75〜7.85HKDの範囲固定レートであるため、基本的には米ドルの値動きに左右される。今後は中国元とのバランスも考えられる。

注目したい指標
中国元レート動向、GDP成長率(中国)、都市部失業率(中国)、失業率(香港)等

年間の値動き(対円)1.38円

2006年:最高値15.39円
2006年:最安値14.01円


※参考:セントラル短資オンライントレード
このあとは別の FXブログを見に行く

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。