FX外為証拠金取引の情報は「やったるぜFX外為証拠金取引」
北海どんどんのお取り寄せ「世界一美味しい海産物を直送!!」

北海道グルメはおいしいものばかり、全国に北海道ブランドが浸透しているほどファンが多いのもうなづけます。品質は確かだが少しでも安く買いたい人は毎回7%割引(北海道グルメ大使は12%割引)で購入できるこちらをオススメします。



◆お急ぎ下さい! 前代未聞の7ティア北海道グルメアフィリエイト

グルメもショッピングも最大100%キャッシュバック!

これぞクーポン!!高額キャッシュバックGETの方法


★楽天でFX関連のランキングを見てみる★

最近の記事

南アフリカランド通貨圏構想


FXで大人気の高金利通貨である南アフリカランドに長期的な好材料が日経新聞に掲載されました。

以下は抜粋です。

ユーロのような単一通貨圏をアフリカにつくる構想が進んでいる。

2018年をめどに南アフリカ共和国、ナミビア、ボツワナなど5カ国程度で始動、徐々に14カ国に広げる。

「検討は最終局面。我々は前に進む」

旗を振る南アフリカ準備銀行総裁のティト・ムボウィニは宣言する。

長らく成長から取り残され「失われた大陸」と呼ばれたアフリカ。

近年の鉱物資源の値上がりが景色を変えた。

金、プラチナ(白金)、希少金属(レアメタル)の主要算出国の南アフリカは高成長を続け、初の財政黒字に転換。

通貨ランドは既にナミビアなど周辺国で流通しており、通貨統合も「ランド通貨圏」が軸になりそうだ。
このあとは別の FXブログを見に行く

南アフリカランドは投資効率がいい


私の現在の南アフリカランドのポジションは1ランド16.35円で2万通貨です。FX会社であるセントラル短資オンライントレードの口座には10万円を入金しました。

南アフリカランドは昨年1年間では16円台でポンドやドルと比べてそれほど値動きはありませんが、なにせ金利が8%とベラボーに高いんです。

他に金利が高い通貨はアイスランドやトルコリラ、ブラジルレアル、ロシアルーブルなどがありますが、取り扱うFX会社が少なく、10万通貨単位からしか買えないなど、流動性リスクやレバレッジが大きくなるため、1円でも円高にふれると10万円単位で損します。逆に円安になれば、ボロ儲けですから、購入するときの為替レート水準をしっかり見極めてからにしないといけません。

はじめてやるならば、資金も少なくてすみ、レバレッジも小さく2倍くらいからできる南アフリカランドだと重います。

南アフリカランドは1万通貨で必要な証拠金は、1ランド16円として160000円の5%、8000円くらいです。

2万通貨なら16000円が必要証拠金で、あとの84000円が余剰金です。

私のリスクコントロールは、84000円÷20000通貨=4.2。16.35円−4.2=12.15円。つまり、1ランド12.15円まで円高にならないと、強制決済されないということです。
しかし、南アフリカランドは金利が高く、FXならこの金利分を日割り計算で毎日もらえるんです。

セントラル短資は1日1万通貨あたり42円のスワップ金利です。
私は2万通貨ですから84円が毎日口座に加算されていきます。

84円×365日=30660円。もし、1年後に今と同じ為替水準なら私は10万円の資金で30660円増やすことができ、口座の資金は13万円になります。

ということは、証拠金を除いた余剰金が増えることになり、それだけ強制決済される為替レートが低くなるのです。

つまり、130000円−16000円=114000円。114000÷20000通貨=5.7円。16.35円−5.7円=10.65円。1ランド10.65円まで円高にならないと強制決済されなくなるのです。

利回りは30660÷100000円×100=30%ですね。

これを複利で運用していけば、3年目で倍の20万円を越え、8年目には10倍の100円を越えます。

私の初期投資は10円です。レバレッジは約3倍です。

ですから、もし仮に1ランド15円14円のように円高になったら、更に1万通貨買い増すことを考えてます。それか、損切りして円高なうちに買うこともできますよね。
このあとは別の FXブログを見に行く

損しないFXのやり方


FXは外国為替の先物取引みたいなもので、儲かるかもしれないけど、損をするときは家や財産を根こそぎ取られるという怖いイメージを持っている人って結構いらっしゃいますよねー。

実はわたしも1年前からFXの名前は知っていたんですが、先物取引みたいに値下がりすると追加証拠金(おいしょう)を取られて破産するってかってにイメージしていてろくに調べもしなかったんです。外貨預金で十分だよ、あんまり儲からんけどって本気で思ってたんですね。

でも、今は後悔してます。なんでちゃんと勉強しなかったんだって。

無茶なレバレッジさえしなければ、外貨預金なんてアホらしくてやってられないです。

株なんかやる気もしなくなります。第一企業の情報なんて一般人にはわかりません。

その点為替はまだシンプルです。たしかにどうなると円高になって、どうすれば円安になるのか、明確なものはありませんが、我々一般人でも、プロでも、情報の量は変わらないんです。為替は。

だから、頭のアンテナさえきちんと立てておけば、一般人でも十分戦えます。

それに、外貨預金と比べて手数料がめちゃめちゃ安いんです。

それだけ利益を出しやすいということです。

TTBやTTSなんて関係ありません。


私がおすすめな通貨は南アフリカランドです。去年1年間は16円台で安定していて、為替差益も為替差損もあまりありませんが、金利が8%を越えているんです。

8%ですよ!

円高になって、1ランド1円に仮になったとしても、強制決済されないようにしておけば、レバレッジ1倍で外貨預金と同じなんです。

現実的ではありませんから、2倍や3倍で始めてもいいとおもいます。そうすれば、1ランド8円(それでも過去にない円高水準)、14円にならなければ、大丈夫なんで、年率16%、32%で運用することも可能なんです。

やらないと、知らないとほんと損ですよ。
このあとは別の FXブログを見に行く

個人投資家が抱える3つのリスク

昔は「安全で有利な○○」というキャッチフレーズの金融商品をよく目にしました。


今にして思えば「古きよき時代の日本だったからこそ生まれたキャッチコピー」だったのですね。

その頃は経済は高度成長へと向かい、何も考えなくてもただ郵便局や銀行の定期預金に預けておけば、その恩恵に浴することができました。「リスクを取らずとも高い利回りを得ることができた」のです。

しかし、今の時代はそのようなことは夢のまた夢です。いよいよ「リスクを取らないことがリスクになる時代」になったのです。

個人の資産運用にとって今の時代とは、「リスクとうまく共存していかないと手持ちのお金を大きく増やすことができない、もしくは価値が減ってしまう」時代なのです。

汗水垂らして働いて貯めたお金の価値が、名目的にも実質的にも減ってしまうことは、できれば避けたいですよね。


今の時代の資産運用は「リスクを取ってハイリターンを狙う」か「リスクを取らずにローリターンを甘受する」かのどちらかです。

以前は存在した「ローリスク・ハイリターン」の運用など、今後は存在しないのです。

リスクはリターンとの見合いで決まってきます。

高いリターンを得ようとするならば、それなりのリスクを取るのが世界の常識なのです。

リスクを取るためには、リスクコントロール手法を学ぶ必要があります。「リスクコントロールシステムを構築したうえでハイリスクを取る」ことこそが今現在の資産運用法と言うことができるでしょう。

そのリスクコントロール手法の第一歩であり、もっとも重要なことが勉強です。


ところで、現在1400兆円と言われている個人金融資産のうち、未だに多くが預貯金に寝ているようです。

減らなければいい、減る可能性があるものには手をださないと言ってリスク商品に見向きもしないのは、いささか疑問です。

デフレならば現在も続くほぼゼロパーセントのリターンでも目減りはしませんが、原油高や消費物資の値上げからくるインフレは確実に預貯金の資産は目減りします。

今のままリスクを取らずに資産を現金・預貯金中心に置いているとすぐそこにあるインフレリスクにさらされて悲劇にならないか心配です。

これまで述べてきた「リスク」とは「マーケットリスク」のことです。

「マーケットリスク」とは「その商品の性格自身が変わらないのに外的な要因、すなわち経済的な要因等でその商品の価格が上下するリスク」のことです。

金融関係で考えられるリスクにはこの「マーケットリスク」のほかに「流動性リスク」と「信用リスク」があります。
このあとは別の FXブログを見に行く

FXポジション保有通貨の要人発言


FX外為証拠金取引を始めるてある国の通貨を買う(ポジションを持つ)ことになります。

投資する資金量や投資スタイルにもよるとおもいますが、日々のレートは気になります。
現在のレートが高いか安いかは、ある程度チャートをみればわかりますが、その後どう動いていくのかは各国の経済指標の発表を待つしかありません。

であれば、現在の各国の通貨政策・金融政策に影響をあたえる要人は誰なのか、経済指標の発表はいつあるのかを知る必要があります。

そこで、FXで取引されている各国通貨の要人を調べましたので彼らの発言には注意を払っていきましょう。

アメリカドルUSD

米国財務長官
アメリカ合衆国内外の経済の安定を図るための金融政策、経済政策、税制政策を担当。
現在はヘンリー・ポールソン財務長官

米国FRB議長
米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、日本でいうところの日銀総裁。金融政策の策定と実施が主な任務。
現在はバーナンキFRB議長。政策金利4.25%


ユーロEUR

ECB総裁
欧州中央銀行(本部ドイツ・フランクフルト)で、ユーロ通貨加盟国の金融政策や為替操作、ユーロの発行などを行う。
現在はジャンクロード・トリシェECB総裁。政策金利3.75%

英国ポンドGBP

イングランド中央銀行(BOE)政策金利5.25%


豪ドルAUD

オーストラリア準備銀行(RBA)政策金利6.25%


スイスフランCHF

スイス国立銀行(BOC)政策金利2.00%


カナダドルCAD

カナダ銀行(BOC)政策金利4.25%

ニュージーランドドルNZD

ニュージーランド準備銀行(RBNZ)政策金利7.50%


南アフリカランドZAR

南アフリカ準備銀行(SARB)政策金利9.00%


香港ドルHKD

香港金融管理局(HKMA)政策金利6.75%


トルコリラTRY

トルコ中央銀行(CBRT)政策金利17.50%


アイスランドクローナISK

アイスランド中央銀行(CBI)政策金利14.25%


ブラジルレアルBRL

ブラジル中央銀行(BCB)政策金利12.75%


中国元CNY

中国人民銀行(PBC)政策金利6.39%

インドルピーINR

インド準備銀行(RBI)政策金利7.50%


ロシアルーブルRUB
ロシア中央銀行(CBRF)政策金利11.50%
このあとは別の FXブログを見に行く

FXはクイック入金がお得

FX会社のインターネット取引では、ネットバンク口座を開いていると即座に入金が可能なクイック入金が大変便利でお得です。

たとえば、マネーパートナーズ
では、入金手数料はマネーパートナーズ
が負担してくれます。

しかも24時間いつでも入金できて、即座に取引口座に反映されます。

現在の提携銀行

イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
ゆうちょ銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行

この中で、FXをするなら必ず持っていたい銀行口座はイーバンク銀行ジャパンネット銀行
です。

入出金の手数料って結構バカにならないですからね。


参考:マネーパートナーズ


このあとは別の FXブログを見に行く

FXスワップ長期スタイル

FX外為証拠金取引には投資資金に対して1倍〜100倍のレバレッジを設定できます。
自分にあう投資スタイルを決めてFXを行うことが重要になります。

スワップ長期スタイル

金利情勢を重視し、スワップ金利を確実にねらいます。レバレッジを低めに設定し、短期の値動きに一喜一憂しません。


プロフィットストーリー

ポジション保有が長期に及ぶため、信頼性の高い業者を選定し、レバレッジが1倍になるように入金することにした。これでほぼマージンコールを考えることなく取引が行える。NZでは2005年中も政策金利の引き上げが行われそうなので、2005年○月○日、迷わず1NZD=75円で10万NZDの買いポジションを建てた。2005年末の相場急上昇で大きな含み益を得たが、利益確定に悩むうち、年初の急落で一転含み損となってしまった。
しかし、レバレッジを1倍に設定していたことに加え、スワップ金利の累積も生じていたため、余裕をもってポジションの維持ができた。
結果2006年末には、スワップ金利だけでも100万円以上の利益が発生した。相場も回復してきたため、スワップ益を証拠金として10万NZDの買いポジションを追加し、さらなるスワップ益を狙うことにした。


※参考:FXデポのセントラル短資オンライントレード


このあとは別の FXブログを見に行く

FXトレンド追随スタイル

FX外為証拠金取引には投資資金に対して1倍〜100倍のレバレッジを設定できます。
自分にあう投資スタイルを決めてFXを行うことが重要になります。

トレンド追随スタイル

各国の経済状況やテクニカル指標、アナリストの予想を重視し、中期的なトレンドを読みます。


プロフィットストーリー

2004年から2005年にかけて方向感なく、持ち合い相場となっていたユーロ/円であるが、要人発言や各国レポートではユーロ圏経済の好調が伝えられている。原油高により生じたオイルマネーに影響を受けているらしい。ECBはインフレリスクに対応するため、おそらく2006年中にユーロ圏の政策金利を段階的に引き上げるだろう。結果的にユーロは対円で買われやすくなると予想し、2006年○月○日、1ユーロ=138円で買いポジションを建てた。予想通りユーロ/円は上昇し、為替差益とスワップ金利を得ることができた。ユーロ/円は高値を更新し続けたが、歴史の浅い通貨のため過去の高値天井は参考にならないと考え、このままトレンドに乗り続けることにした。現在テクニカルポイントや日本の金融政策の動向に注意を払いながら、利益確定のタイミングを計っている。


※参考:FXダイレクトのセントラル短資オンライントレード


このあとは別の FXブログを見に行く

FXデイトレードスタイル

FX外為証拠金取引には投資資金に対して1倍〜100倍のレバレッジを設定できます。
自分にあう投資スタイルを決めてFXを行うことが重要になります。

デイトレードスタイル
経済指標の発表時、ニュースの発生時などの瞬間的な値動きをねらい、短期のトレードを繰り返し行います。


プロフィットストーリー

2006年○月○日、日本時間午後10時30分には、世界中の投資家が注目する米国雇用統計が発表される。米国の政策金利動向が注目されているため、発表される数値次第では相場が一気に動くだろう。指標は時刻通りに発表。数値は米国の経済が引き続き好調であることを示すものだったため、市場は一斉にドル買いに傾いた。素早くドル/円で成り行き注文を発注すると、118円20銭でうまく買い注文が成立、瞬く間に含み益が発生していった。しかし、この急上昇がそのまま長期トレンドになるかどうかは分からないため、118円80銭で確実に利益確定。結果ほんの数分間で大きな利益をあげることができた。今後の経済指標カレンダーを確認し、次回の収益チャンスを考える。確定した利益を次回の取引証拠金に利用することにした。


※参考:FXハイパーのセントラル短資オンライントレード


このあとは別の FXブログを見に行く

FX分散投資スタイル

FX外為証拠金取引には投資資金に対して1倍〜100倍のレバレッジを設定できます。
自分にあう投資スタイルを決めてFXを行うことが重要になります。

分散投資スタイル

株式や債券、不動産など、他の投資手段と組み合わせ、余裕資金を大きく増やす目的でトレードします。


プロフィットストーリー

リスクをなるべく抑えたいと考え、いくつかの金融商品に分散投資していた。流動性と安全性を重視し、円建てMMFに資金を割り当て、余裕資金があったため、積極的にリスクをとって収益性の高い株式投信も購入した。しかし、これらはすべて円建ての資産のため、日本国内のインフレリスクに対しては同一の影響を受けることとなる。そこで、外貨建ての金融商品を検討し、米ドル建てMMFを購入。さらに、ドル安円高リスクに備えるため、米ドルとの相関が低いとされる豪ドル資産を保有することを検討。レバレッジ効果で少額から取引できる外国為替証拠金取引で豪ドル/米ドルの買いポジションを建てた。その後、相場が米ドル売りに傾き、米ドル/円では大きな円高となったが、反対に豪ドル/米ドルは急上昇。結果、米ドル建てMMFの為替差損を限定することができた。


※参考:セントラル短資オンライントレード


このあとは別の FXブログを見に行く

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。