FX外為証拠金取引の情報は「やったるぜFX外為証拠金取引」
北海どんどんのお取り寄せ「世界一美味しい海産物を直送!!」

北海道グルメはおいしいものばかり、全国に北海道ブランドが浸透しているほどファンが多いのもうなづけます。品質は確かだが少しでも安く買いたい人は毎回7%割引(北海道グルメ大使は12%割引)で購入できるこちらをオススメします。



◆お急ぎ下さい! 前代未聞の7ティア北海道グルメアフィリエイト

グルメもショッピングも最大100%キャッシュバック!

これぞクーポン!!高額キャッシュバックGETの方法


★楽天でFX関連のランキングを見てみる★

最近の記事

元金3万円が193万FX!日本初の無期限サポート付!

こんなに気になる情報がインターネットで売られています。

知ってる人いますかね?





【元金3万円が193万 FXレンジマスター】
このあとは別の FXブログを見に行く

FX会社勝手にランキング→→→→

FX会社を勝手にランキングしました。
右サイドバーです。→→→→
随時ランキングを入れえる予定です。

基準はズバリ使いやすさ・便利さです。

携帯で取引が出来ることが最優先で
次に中長期投資の視点からスワップポイント
次にスプレッドですね。取引手数料を無料にしていても
スプレッドを大きくしていれば同じことです。
銀行口座への入金手数料や出金手数料も馬鹿になりません。

取引システムのつながりやすさも重要です。
売りたいときに売れない、買いたいときに買えない
のでは話になりませんからね。

参考にしてみてくださいね。


このあとは別の FXブログを見に行く

FXは今一番熱い資産運用法

FXの世界へようこそ!

1998年4月の外為法改正により、外貨取引が自由化となりました。この外為法改正を契機に、機関投資家と呼ばれるプロの独壇場だった外国為替投資の世界に、個人投資家が続々と参入しています。「外貨預金」「外貨建てMMF」といった外貨商品の中でも、少ない元手で多額の外貨を売買できる「外国為替証拠金取引(FX)」に人気が集中しているのです。
一説には個人投資家の取引額は東京外国為替市場の20〜30%に達するといいます。
なぜ今、「FX」なのでしょうか?

まずはじめに、為替の仕組みや為替マーケット、取引の方法などの基本的なFAQをみていきましょう。


Q1なぜ、FXに注目が集まっているの?

A.実際の資金以上の取引ができ、さらに金利も得られるから

FX投資は従来、一部の金融機関にしかできなかった外国為替取引が、個人投資家でも自由に取引できるようになったことで急速に人気が集まっています。大きな特徴の一つは証拠金取引で、少ない資金で外貨投資を可能にする点です。たとえば、外貨預金であれば1万ドル(1ドル=100円)、100万円預けたいと思ったら100万円全額必要になりますが、FXならおおよそ5万〜10万円の証拠金を用意すれば、取引できる場合が多いのです。少ない証拠金で取引すること自体、高いリスクが生じますが、リアルタイムに実際の資金以上の取引ができて、しかもその取引相当分のスワップ金利が発生する点でも、より幅広い投資家層に支持されて人気が集まっているのです。


Q2そもそもFXってなに?

A.Forein eXchangeの略で外国為替のこと。少ない資金で投資ができ、取引の自由度も高い


外貨投資の代名詞ともなっているFX。FXとは本来、外国為替取引の意味でしたが、最近では「外国為替証拠金取引」を指すことが多いです。FXは少ない証拠金で、外貨を売ったり買ったりできて、外貨預金に比べて、取引の自由度の高い投資商品といえます。たとえば、FXであればリアルタイムに米ドルを売買することができますし、外貨を買っていればその間の金利差(スワップ金利)も日割りで得ることができます。その上、米ドルやユーロだけでなく海外の様々な高金利通貨、イギリスポンドやオーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランドなども選ぶことができるのです。さらに、取引にかかる手数料も、かなり安く設定されているのも特徴です。


Q3外貨投資でどう儲けるの?

A.外貨の高い金利と為替の差益ねらい

いわゆる外貨投資といわれるものには2つの収益を得る方法があります。1つは外貨に投資する際に得られる金利(金利差)で、もう1つがその外貨を売買する際に発生する為替差益(逆は為替差損)です。一般によく聞く外貨預金は、高い金利の外貨、たとえばオーストラリアドルなどを買って定期預金すると、年率5%の金利がついたりします。この高い金利差が外貨投資の魅力の1つといえます。ただし外貨投資にはもう1つのメリット、為替変動による為替差益も見逃せません。簡単にいえば、外貨を今の為替レートで買い、レートが上昇してから売ると、そね差額が為替差益(利益)となります。外国為替市場で日々変動する為替レートを見ながら、こうした為替変動を利用した外貨投資に注目が集まっているのです。



Q4世界の高金利通貨にも投資できる?

A.オーストラリアドルや南アフリカのランドなど、日本よりも高い金利は多数


FXが注目されているもう一つの理由に、高金利通貨ブームが上げられます。日本では長引く低金利により多くの投資家が外貨の高い金利に魅了され、外貨預金や外債、外貨建てMMFに投資資金をシフトしています。特に世界には信じられないような高金利通貨が多数あり、FXではそうした高い金利(スワップ金利)通貨を多数取り扱っているFX会社が多いのです。米ドルからはじまり、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、スイスフランや香港ドル、隠れた高金利通貨の南アフリカランドなど、様々な外貨を取引できる。これらの通貨はいずれも日本円よりも高い金利で、金利差(スワップ金利)は米ドルで120円/日前後(1万ドル当たり・2007年12月現在)にもなります。複数の外貨に分散投資するなど、目的や投資スタイルにあわせて運用の幅も大きく広げることができます。


Q5FXはハイリスク・ハイリターン?

A.無謀な取引は避け、リスク管理を徹底させよう

外貨投資に限らず、投資する際に注意したいのは徹底したリスク管理です。FXの場合は少ない証拠金で取引できるので、資金効率の高い投資が可能なのですが、為替変動により予想以上の為替差損が生ずることが十分に考えられます。特に短期的にデイトレードのように売り買いを繰り返していると、投資リスクは飛躍的に拡大します。リスクを下げる考え方としては、レバレッジを低めに設定しておく(証拠金に余裕をもたせる)とか、高い金利を得ることを目的とするならば中長期の運用を心がけたりするなどがあります。また、FX会社ではリスク管理システムとして、マージンコールやロスカット(損失拡大防止)ルールなどもありますので、実際に取引する際には十分に理解しておく必要があります。

Q6FXって難しくない?儲かるの?

A.儲かるには理由がある

FXをはじめるにあたって、まずは自分の投資スタイルを決める必要があります。なぜなら自分にあった取引方法や投資期間、資金を考えておかないと、結局は市場からの撤退を余儀なくされることになるからです。投資をするからには儲けることが第一目的ですが、実際には、儲からない方法や取引をする投資家が以外にも多いでのす。まずはこうした儲からないパターンや思考方法を学ぶことで、自分なりの儲かるトレード手法を作り上げていくのが最短であるといえます。

詳しくはセントラル短資オンライントレード
の口座開設をするともれなくもらえる「かんたんFX投資実践マニュアル為替差益で儲ける!VSスワップ金利で稼ぐ!」のChapter1をお読みください。


Q7外国為替に投資する場合に必要なことは?

A.為替は生き物、情報収集や分析はマメに

外国為替市場では、為替レートは刻一刻と変動しています。世界の社会・経済情勢は日々変化し、それを反映して通貨が売られたり買われたりしているためです。こうした為替レートに影響を及ぼす要因はその時々によりさまざまです。FXに投資するなら、こうした情報収集や分析するテクニックを学んでおく必要があります。

詳しくはセントラル短資オンライントレード
の口座開設をするともれなくもらえる「かんたんFX投資実践マニュアル為替差益で儲ける!VSスワップ金利で稼ぐ!」のChapter2をお読みください。


Q8各通貨によって特徴はあるの?

A.金利、値動きなど通貨によって、投資方法は変わります


外貨とひとことで言っても世界には主だった通貨だけでも、ドルやユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、カナダドルなど多数あります。FX会社では上記の通貨だけでなく、ニュージーランドドルや南アフリカランド、トルコリラやアイスランドクローナなどの高金利通貨も取り扱っているところもあります。トレード手法や外国為替情報、テクニカル分析だけでなく、こうした通貨の特徴や歴史的背景なども知っておいて損はないです。ぜひ、この機会に世界の通貨を学んでみましょう。

詳しくは、当ブログの「FXためになる情報」か、セントラル短資オンライントレード
の口座開設をするともれなくもらえる「かんたんFX投資実践マニュアル為替差益で儲ける!VSスワップ金利で稼ぐ!」のChapter3をお読みください。


Q9スワップ金利で儲けるFX投資とは?

A.日本の低金利を活かしたスワップ金利を狙った投資方法

為替取引と聞くと、ついつい為替差益を追求したデイトレード的なイメージを持ってしまうかもしれません。FXではそうした短期的に取引するよりも、2国間の通貨のスワップ金利を狙ったスワップ派のFX投資も広まりつつあります。私自身も中長期のスワップ派です。資金的に余裕をもってレバレッジを低めに抑えて中長期的にスワップ金利を狙っていく投資スタイルであれば、短期的な為替変動による許容範囲も広がるので息の長い資産運用を目指している人には最適といえます。

詳しくはセントラル短資オンライントレード
の口座開設をするともれなくもらえる「かんたんFX投資実践マニュアル為替差益で儲ける!VSスワップ金利で稼ぐ!」のChapter4をお読みください。


Q10FX投資でも、テクニカル分析は有効?

A.テクニカル分析は個人投資家にとって有益な武器です。

ある程度FXに慣れてきたら、是非試したいのが短期型のトレード手法です。特に「移動平均線」や「ボリンジャーバンド」など基本的なテクニカル分析を知って取引をするのと知らないで取引するのとでは、ちょっとしたトレードのタイミングに大きな違いがでるかもしれません。多くの外為ディーラーは、ちょっとチャートをみるだけで自然と、そのトレンドや相場の異変に気づくといいます。勝負を分ける一瞬の判断を迷わないためにも、テクニカルの基本は抑えておきましょう。

詳しくはセントラル短資オンライントレード
の口座開設をするともれなくもらえる「かんたんFX投資実践マニュアル為替差益で儲ける!VSスワップ金利で稼ぐ!」のChapter5をお読みください。


Q11FXを実際に始めるには?

A.取引のパートナーとなるFX会社はしっかり吟味したい

FXを始める場合には、まず口座開設するFX会社を選ぶ必要があります。FXを取り扱っている会社には、インターバンク市場で長年にわたって外国為替取引に携わっているセントラル短資オンライントレード
のような短資会社系だったり、NTTスマートトレード
やトウキョウフォレックスのような銀行・ファイナンス会社系、マネーパートナーズやマネックス証券


、MJのような証券会社系、FXプライムのような商社系など多数あります。それぞれ会社によって商品やサービスに違いがあるため、自分の投資スタイルに合ったFX会社を選ぶことをおすすめします。手数料が無料だったりするところもありますが、無料であることはそれだけ無料にする理由や事情もあったりするので、自分なりに調べて納得したうえで口座開設しましょう。

当ブログサイトの右サイドバーには私が口座開設しているFX会社のバナーが載せてあります。卵をひとつのかごにいれないという分散投資の格言のように最低でも3つは口座開設しておくことをおすすめします。

詳しくはセントラル短資オンライントレード
の口座開設をするともれなくもらえる「かんたんFX投資実践マニュアル為替差益で儲ける!VSスワップ金利で稼ぐ!」のChapter6をお読みください。



このあとは別の FXブログを見に行く

アフリカランド売り解消


私はFXを11月から始めました。アフリカランドを10万通貨ロング(1ランド=16.35円のとき)しました。

その後、12月末までにアフリカランドはアメリカドルやオーストラリアドルが高くなるのに対し、微高もしくは横ばいに推移しました。

これをはじめは南アフリカランドは安定しているからスワップ派は高金利の恩恵を受けられると考えました。

しかし、もう1つの考え方、南アフリカランドはアメリカドルとの関連性があるためドルと同じように動く、そのため、今が天井だからショートしたほうがよいに次第に傾いてしまいました。

ショートポジションは高金利通貨ではスワップ金利の支払いが高額になるため短期に下がってくれると理想的なんですね。

もうそろそろショートはやめてロングにしようと考えてます
このあとは別の FXブログを見に行く

FX外国為替証拠金取引の必要経費


FX(外国為替証拠金取引)で年間利益が20万円を越えた場合は税金を払わないといけません。

FXでは必要経費が認められる可能性がありますので必ず何をどこでいくら買ったか、領収書をもらって必要経費として申告しましょう。

FX(外国為替証拠金取引)で認められている可能性がある必要経費は

パソコン購入費(減価償却費として計上)、
電話・プロバイダ料金などの通信費、

FX関連図書・書籍・専門誌・雑誌などの新聞・図書費、

FX関連セミナー受講費、それに伴う交通費、

取引会社などとの打ち合わせ費用などの会議費

筆記用具などの事務用品費

などなどです。

ただし、必要経費の範囲は明確な線引きが存在しないものもありますので詳しくは税務署に確認してください。
また、基本的にその経費がFXで利益を出した際の関連する出費である証明書類が必要です。必ず領収書をもらい、明細もメモしておくとよいでしょう。
このあとは別の FXブログを見に行く

FX外国為替証拠金取引と税金


FX(外国為替証拠金取引)の税金は、個人の所得状況によって税率が変わるしくみになっています。

FX(外国為替証拠金取引)以外にも外貨預金や株などを行ない、利益をだした場合は、避けて通れないのが税金なのです。

店頭取引でのFXによって得られる所得、つまり為替差益とスワップ金利はともに「雑所得」に分類され、総合課税という形で課税されます。

総合課税とは、すべての所得を加算していき、その合計金額に対して課税する方式です。合計金額によって税率が変わる累進課税です。

具体的には、まずは雑所得同士で「損益通算」を行います。トータルの所得金額を計算してから、ほかの所得と合計し、そこから各種控除を引いて課税額を計算します。

ただし、同じ外貨取引でも「くりっく365」のような取引所為替証拠金取引(税制上は商品先物取引として申告分離課税)についてはFXとの損益通算が認められないのでご注意ください。
このあとは別の FXブログを見に行く

円高基調だと外貨預金は


今みたいに円高基調だと外貨預金はあんまりお得ではありませんね。買いしかできませんからね。

でもFXなら今のような円高傾向なら売りからポジションを持つことができるので本当に助かりますね。

円高になればなるほど儲かります。

ドル離れが進んでいるのでしょうか。副島理論が現実味を帯びてきました。

1ドル100円割れまでもうちょいです。
このあとは別の FXブログを見に行く

全通貨円高は売りで儲けましょう

現在、全通貨で円高が進んでいます。

FXは外貨預金と違って買いだけではなく、売りからポジションを持つことができます。

売りポジションは円高になればなるほど為替差益がでます。

基本は安く買って高く売るか、高く売って安く買い戻すですから。

FXならいつでも利益をだせるという訳です。

あまり大きなレバレッジを持たなければ強制決済もされませんしね。
このあとは別の FXブログを見に行く

イギリスポンドの政策金利は


イギリス中央銀行のイングランド銀行は10日、金融政策委員会を開き、政策金利を5.5%に据え置きすることに決定。

FXでイギリスポンドを1万通貨買いロングならば、毎日スワップ金利ポイントが278円貰えます。

日本の金利が低く金利差があるからなのですが、逆に売りショートポジションなら毎日スワップ金利を支払うことになります。

まだまだ金利が高い通貨は他にもありますよ。

FXは損をするリスクがあります。でも日本の郵便局や銀行にお金を貸しても(預けていても)これから始まる物価高が、預金金利よりも高ければ目減りして実質損をするのです。

今からリスクを取って資産防衛のための勉強をしておいたほうがいいと思いません?
このあとは別の FXブログを見に行く

ユーロの金利は4%据え置き


FXでドルの次に取引量が多いユーロ。

欧州中央銀行(ECB)は10日の定例理事会でユーロの政策金利は4.0%に据え置きすることを決めました。

FX投資家としては喜ばしいことです。

100万円を運用するとして、為替で1年後に4円高になっていても損しないということですからね。

しかもFXならこの4%の金利分は日割りで毎日もらえる。

約110円(FX会社のスワップ金利による)が毎日もらえるんです。

元本に毎日加算されるんです。

今は年末よりも円高水準ですから、いつでもポジションを持てるように口座開設しておいたほうがいいと思います。
このあとは別の FXブログを見に行く

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。