FX外為証拠金取引の情報は「やったるぜFX外為証拠金取引」
北海どんどんのお取り寄せ「世界一美味しい海産物を直送!!」

北海道グルメはおいしいものばかり、全国に北海道ブランドが浸透しているほどファンが多いのもうなづけます。品質は確かだが少しでも安く買いたい人は毎回7%割引(北海道グルメ大使は12%割引)で購入できるこちらをオススメします。



◆お急ぎ下さい! 前代未聞の7ティア北海道グルメアフィリエイト

グルメもショッピングも最大100%キャッシュバック!

これぞクーポン!!高額キャッシュバックGETの方法


★楽天でFX関連のランキングを見てみる★

最近の記事

今の円安ドル高って

南アフリカランドの通過で損切したあと、円高ドル安傾向でしたので
FXから遠ざかっていました。

為替が気になって仕事がおろそかになりそうだったのもあるのですが
それ以上に仕事と子育て、他にも運営しているサイト、副業に忙しくなり
更新してバナーを整理しないといかんなあーと思い続けて気がついたら
3年経過してました。

まあこのブログもそんなに見られていないことがseesaaブログの順位でわかるから
ツイッターと同じでつぶやいているだけって感じですからね。

それでもFXでの私の失敗経験はこれからFXを始める人に参考になるかもしれないと
思い直してつぶやくことにしました。

今の円安ドル高は、私は一時的なものだと感じています。
強いてあげればアメリカ大統領選がオバマ大統領の圧勝による再選でアメリカの失業率改善対策、
製造業復活などが材料でしょうか?

日本国内だけをみれば、円が売られる要素はなく、民主党政権がほぼ終わった(次期総選挙で勝つことはないでしょう)ためにむしろ国内の今後の経済政策にてこいれされる期待感から円高になりそうなものです。

ということは、今の円安ドル高はどちらかというと円が売られたのではなく、ドルが買われたと見るべきだと思うのです。考えても見てください、日本はあの東日本大震災後、原発事故という世界に類のない災害にみまわれたにもかかわらず、円高ドル安になった国なのですから。


よろしくお願いいたします。
このあとは別の FXブログを見に行く

第2波の円高に

また円高になってきましたね。

オーストラリアドルもカナダドルも

みんなアメリカドルの影響を受けるからチャンスですね。

そうそう、南アフリカランドもね。資源がある国の通貨を

こんなに安く買えるなんてなんて幸せなんでしょう。
タグ:FX

このあとは別の FXブログを見に行く

欲張らないこと


円高が以前の水準に戻りつつあります。

私はもう一度円高局面がすぐにくると思っているため、一旦利益確定の売りをしました。

また円高になったときにポジションを持ちます。
このあとは別の FXブログを見に行く

高金利通貨も今なら為替差益が

円高です。


高金利通貨の南アフリカランド、ニュージーランドドルは為替差益がたっぷり見込める水準まで円が高くなりました。

いまこそポジションを持つべきです。


国内の金利がゼロ水準ですから、欲張らず、金利が高い普通預金のつもりでレバレッジは2倍くらいをおすすめします。
このあとは別の FXブログを見に行く

またまたチャンス到来

円高がすごいことになってますね。

特にユーロが売りに売られてます。

私が好きな高金利通貨の南アフリカランドは10円切ってます!

ポジション解消しておいてよかったです。
このあとは別の FXブログを見に行く

FX業者選びの注意点とは?

10月6日の日本経済新聞朝刊によると

アメリカ発の金融危機をきっかけに為替変動が大きく変動しているからか、新たに外国為替証拠金取引(FX)を始める個人投資家が増えているようです。

FXの市場規模が拡大している一方で、財務基盤が弱い中小のFX業者が経営破綻し、顧客の資産が返還されないケースも相次いでいます。

FX業者を選ぶ際は、手数料などの取引コストだけでなく、顧客の資産をどのように保全する仕組みになっているかを確認することも重要です。

とはいえ、個人が得られる情報は限られており、判断は難しい。

私がおすすめしているのはネットやブログの情報を鵜呑みにするのではなく、必ず自分で資料請求をし、自分が安心できる業者を探すことです。

たとえば、日銀OBが多いセントラル短資や伊藤忠商事がバックにいる会社とか自分なりに安心できる要素をみつけることです。

FXは投資家と業者が相対で売買する「店頭取引」が多いが、取引所で売買する形態もある。東京金融取引所開設する「くりっく365」の場合、証拠金は決済性預金として分別管理する。

注文を取り次いだFX業者が破綻しても証拠金は全額保全される。

まずは自分で調べてみることです。

投資は自己責任が原則ですからね
このあとは別の FXブログを見に行く

FX業者選びの注意点とは?

10月6日の日本経済新聞朝刊によると

アメリカ発の金融危機をきっかけに為替変動が大きく変動しているからか、新たに外国為替証拠金取引(FX)を始める個人投資家が増えているようです。

FXの市場規模が拡大している一方で、財務基盤が弱い中小のFX業者が経営破綻し、顧客の資産が返還されないケースも相次いでいます。

FX業者を選ぶ際は、手数料などの取引コストだけでなく、顧客の資産をどのように保全する仕組みになっているかを確認することも重要です。

とはいえ、個人が得られる情報は限られており、判断は難しい。

私がおすすめしているのはネットやブログの情報を鵜呑みにするのではなく、必ず自分で資料請求をし、自分が安心できる業者を探すことです。

たとえば、日銀OBが多いセントラル短資や伊藤忠商事がバックにいる会社とか自分なりに安心できる要素をみつけることです。
このあとは別の FXブログを見に行く

元金3万円が193万FX!日本初の無期限サポート付!

こんなに気になる情報がインターネットで売られています。

知ってる人いますかね?





【元金3万円が193万 FXレンジマスター】
このあとは別の FXブログを見に行く

FXは今一番熱い資産運用法

FXの世界へようこそ!

1998年4月の外為法改正により、外貨取引が自由化となりました。この外為法改正を契機に、機関投資家と呼ばれるプロの独壇場だった外国為替投資の世界に、個人投資家が続々と参入しています。「外貨預金」「外貨建てMMF」といった外貨商品の中でも、少ない元手で多額の外貨を売買できる「外国為替証拠金取引(FX)」に人気が集中しているのです。
一説には個人投資家の取引額は東京外国為替市場の20〜30%に達するといいます。
なぜ今、「FX」なのでしょうか?

まずはじめに、為替の仕組みや為替マーケット、取引の方法などの基本的なFAQをみていきましょう。


Q1なぜ、FXに注目が集まっているの?

A.実際の資金以上の取引ができ、さらに金利も得られるから

FX投資は従来、一部の金融機関にしかできなかった外国為替取引が、個人投資家でも自由に取引できるようになったことで急速に人気が集まっています。大きな特徴の一つは証拠金取引で、少ない資金で外貨投資を可能にする点です。たとえば、外貨預金であれば1万ドル(1ドル=100円)、100万円預けたいと思ったら100万円全額必要になりますが、FXならおおよそ5万〜10万円の証拠金を用意すれば、取引できる場合が多いのです。少ない証拠金で取引すること自体、高いリスクが生じますが、リアルタイムに実際の資金以上の取引ができて、しかもその取引相当分のスワップ金利が発生する点でも、より幅広い投資家層に支持されて人気が集まっているのです。


Q2そもそもFXってなに?

A.Forein eXchangeの略で外国為替のこと。少ない資金で投資ができ、取引の自由度も高い


外貨投資の代名詞ともなっているFX。FXとは本来、外国為替取引の意味でしたが、最近では「外国為替証拠金取引」を指すことが多いです。FXは少ない証拠金で、外貨を売ったり買ったりできて、外貨預金に比べて、取引の自由度の高い投資商品といえます。たとえば、FXであればリアルタイムに米ドルを売買することができますし、外貨を買っていればその間の金利差(スワップ金利)も日割りで得ることができます。その上、米ドルやユーロだけでなく海外の様々な高金利通貨、イギリスポンドやオーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランドなども選ぶことができるのです。さらに、取引にかかる手数料も、かなり安く設定されているのも特徴です。


Q3外貨投資でどう儲けるの?

A.外貨の高い金利と為替の差益ねらい

いわゆる外貨投資といわれるものには2つの収益を得る方法があります。1つは外貨に投資する際に得られる金利(金利差)で、もう1つがその外貨を売買する際に発生する為替差益(逆は為替差損)です。一般によく聞く外貨預金は、高い金利の外貨、たとえばオーストラリアドルなどを買って定期預金すると、年率5%の金利がついたりします。この高い金利差が外貨投資の魅力の1つといえます。ただし外貨投資にはもう1つのメリット、為替変動による為替差益も見逃せません。簡単にいえば、外貨を今の為替レートで買い、レートが上昇してから売ると、そね差額が為替差益(利益)となります。外国為替市場で日々変動する為替レートを見ながら、こうした為替変動を利用した外貨投資に注目が集まっているのです。



Q4世界の高金利通貨にも投資できる?

A.オーストラリアドルや南アフリカのランドなど、日本よりも高い金利は多数


FXが注目されているもう一つの理由に、高金利通貨ブームが上げられます。日本では長引く低金利により多くの投資家が外貨の高い金利に魅了され、外貨預金や外債、外貨建てMMFに投資資金をシフトしています。特に世界には信じられないような高金利通貨が多数あり、FXではそうした高い金利(スワップ金利)通貨を多数取り扱っているFX会社が多いのです。米ドルからはじまり、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、スイスフランや香港ドル、隠れた高金利通貨の南アフリカランドなど、様々な外貨を取引できる。これらの通貨はいずれも日本円よりも高い金利で、金利差(スワップ金利)は米ドルで120円/日前後(1万ドル当たり・2007年12月現在)にもなります。複数の外貨に分散投資するなど、目的や投資スタイルにあわせて運用の幅も大きく広げることができます。


Q5FXはハイリスク・ハイリターン?

A.無謀な取引は避け、リスク管理を徹底させよう

外貨投資に限らず、投資する際に注意したいのは徹底したリスク管理です。FXの場合は少ない証拠金で取引できるので、資金効率の高い投資が可能なのですが、為替変動により予想以上の為替差損が生ずることが十分に考えられます。特に短期的にデイトレードのように売り買いを繰り返していると、投資リスクは飛躍的に拡大します。リスクを下げる考え方としては、レバレッジを低めに設定しておく(証拠金に余裕をもたせる)とか、高い金利を得ることを目的とするならば中長期の運用を心がけたりするなどがあります。また、FX会社ではリスク管理システムとして、マージンコールやロスカット(損失拡大防止)ルールなどもありますので、実際に取引する際には十分に理解しておく必要があります。

Q6FXって難しくない?儲かるの?

A.儲かるには理由がある

FXをはじめるにあたって、まずは自分の投資スタイルを決める必要があります。なぜなら自分にあった取引方法や投資期間、資金を考えておかないと、結局は市場からの撤退を余儀なくされることになるからです。投資をするからには儲けることが第一目的ですが、実際には、儲からない方法や取引をする投資家が以外にも多いでのす。まずはこうした儲からないパターンや思考方法を学ぶことで、自分なりの儲かるトレード手法を作り上げていくのが最短であるといえます。

詳しくはセントラル短資オンライントレード
の口座開設をするともれなくもらえる「かんたんFX投資実践マニュアル為替差益で儲ける!VSスワップ金利で稼ぐ!」のChapter1をお読みください。


Q7外国為替に投資する場合に必要なことは?

A.為替は生き物、情報収集や分析はマメに

外国為替市場では、為替レートは刻一刻と変動しています。世界の社会・経済情勢は日々変化し、それを反映して通貨が売られたり買われたりしているためです。こうした為替レートに影響を及ぼす要因はその時々によりさまざまです。FXに投資するなら、こうした情報収集や分析するテクニックを学んでおく必要があります。

詳しくはセントラル短資オンライントレード
の口座開設をするともれなくもらえる「かんたんFX投資実践マニュアル為替差益で儲ける!VSスワップ金利で稼ぐ!」のChapter2をお読みください。


Q8各通貨によって特徴はあるの?

A.金利、値動きなど通貨によって、投資方法は変わります


外貨とひとことで言っても世界には主だった通貨だけでも、ドルやユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、カナダドルなど多数あります。FX会社では上記の通貨だけでなく、ニュージーランドドルや南アフリカランド、トルコリラやアイスランドクローナなどの高金利通貨も取り扱っているところもあります。トレード手法や外国為替情報、テクニカル分析だけでなく、こうした通貨の特徴や歴史的背景なども知っておいて損はないです。ぜひ、この機会に世界の通貨を学んでみましょう。

詳しくは、当ブログの「FXためになる情報」か、セントラル短資オンライントレード
の口座開設をするともれなくもらえる「かんたんFX投資実践マニュアル為替差益で儲ける!VSスワップ金利で稼ぐ!」のChapter3をお読みください。


Q9スワップ金利で儲けるFX投資とは?

A.日本の低金利を活かしたスワップ金利を狙った投資方法

為替取引と聞くと、ついつい為替差益を追求したデイトレード的なイメージを持ってしまうかもしれません。FXではそうした短期的に取引するよりも、2国間の通貨のスワップ金利を狙ったスワップ派のFX投資も広まりつつあります。私自身も中長期のスワップ派です。資金的に余裕をもってレバレッジを低めに抑えて中長期的にスワップ金利を狙っていく投資スタイルであれば、短期的な為替変動による許容範囲も広がるので息の長い資産運用を目指している人には最適といえます。

詳しくはセントラル短資オンライントレード
の口座開設をするともれなくもらえる「かんたんFX投資実践マニュアル為替差益で儲ける!VSスワップ金利で稼ぐ!」のChapter4をお読みください。


Q10FX投資でも、テクニカル分析は有効?

A.テクニカル分析は個人投資家にとって有益な武器です。

ある程度FXに慣れてきたら、是非試したいのが短期型のトレード手法です。特に「移動平均線」や「ボリンジャーバンド」など基本的なテクニカル分析を知って取引をするのと知らないで取引するのとでは、ちょっとしたトレードのタイミングに大きな違いがでるかもしれません。多くの外為ディーラーは、ちょっとチャートをみるだけで自然と、そのトレンドや相場の異変に気づくといいます。勝負を分ける一瞬の判断を迷わないためにも、テクニカルの基本は抑えておきましょう。

詳しくはセントラル短資オンライントレード
の口座開設をするともれなくもらえる「かんたんFX投資実践マニュアル為替差益で儲ける!VSスワップ金利で稼ぐ!」のChapter5をお読みください。


Q11FXを実際に始めるには?

A.取引のパートナーとなるFX会社はしっかり吟味したい

FXを始める場合には、まず口座開設するFX会社を選ぶ必要があります。FXを取り扱っている会社には、インターバンク市場で長年にわたって外国為替取引に携わっているセントラル短資オンライントレード
のような短資会社系だったり、NTTスマートトレード
やトウキョウフォレックスのような銀行・ファイナンス会社系、マネーパートナーズやマネックス証券


、MJのような証券会社系、FXプライムのような商社系など多数あります。それぞれ会社によって商品やサービスに違いがあるため、自分の投資スタイルに合ったFX会社を選ぶことをおすすめします。手数料が無料だったりするところもありますが、無料であることはそれだけ無料にする理由や事情もあったりするので、自分なりに調べて納得したうえで口座開設しましょう。

当ブログサイトの右サイドバーには私が口座開設しているFX会社のバナーが載せてあります。卵をひとつのかごにいれないという分散投資の格言のように最低でも3つは口座開設しておくことをおすすめします。

詳しくはセントラル短資オンライントレード
の口座開設をするともれなくもらえる「かんたんFX投資実践マニュアル為替差益で儲ける!VSスワップ金利で稼ぐ!」のChapter6をお読みください。



このあとは別の FXブログを見に行く

アフリカランド売り解消


私はFXを11月から始めました。アフリカランドを10万通貨ロング(1ランド=16.35円のとき)しました。

その後、12月末までにアフリカランドはアメリカドルやオーストラリアドルが高くなるのに対し、微高もしくは横ばいに推移しました。

これをはじめは南アフリカランドは安定しているからスワップ派は高金利の恩恵を受けられると考えました。

しかし、もう1つの考え方、南アフリカランドはアメリカドルとの関連性があるためドルと同じように動く、そのため、今が天井だからショートしたほうがよいに次第に傾いてしまいました。

ショートポジションは高金利通貨ではスワップ金利の支払いが高額になるため短期に下がってくれると理想的なんですね。

もうそろそろショートはやめてロングにしようと考えてます
このあとは別の FXブログを見に行く

円高基調だと外貨預金は


今みたいに円高基調だと外貨預金はあんまりお得ではありませんね。買いしかできませんからね。

でもFXなら今のような円高傾向なら売りからポジションを持つことができるので本当に助かりますね。

円高になればなるほど儲かります。

ドル離れが進んでいるのでしょうか。副島理論が現実味を帯びてきました。

1ドル100円割れまでもうちょいです。
このあとは別の FXブログを見に行く

全通貨円高は売りで儲けましょう

現在、全通貨で円高が進んでいます。

FXは外貨預金と違って買いだけではなく、売りからポジションを持つことができます。

売りポジションは円高になればなるほど為替差益がでます。

基本は安く買って高く売るか、高く売って安く買い戻すですから。

FXならいつでも利益をだせるという訳です。

あまり大きなレバレッジを持たなければ強制決済もされませんしね。
このあとは別の FXブログを見に行く

南アフリカランドは投資効率がいい


私の現在の南アフリカランドのポジションは1ランド16.35円で2万通貨です。FX会社であるセントラル短資オンライントレードの口座には10万円を入金しました。

南アフリカランドは昨年1年間では16円台でポンドやドルと比べてそれほど値動きはありませんが、なにせ金利が8%とベラボーに高いんです。

他に金利が高い通貨はアイスランドやトルコリラ、ブラジルレアル、ロシアルーブルなどがありますが、取り扱うFX会社が少なく、10万通貨単位からしか買えないなど、流動性リスクやレバレッジが大きくなるため、1円でも円高にふれると10万円単位で損します。逆に円安になれば、ボロ儲けですから、購入するときの為替レート水準をしっかり見極めてからにしないといけません。

はじめてやるならば、資金も少なくてすみ、レバレッジも小さく2倍くらいからできる南アフリカランドだと重います。

南アフリカランドは1万通貨で必要な証拠金は、1ランド16円として160000円の5%、8000円くらいです。

2万通貨なら16000円が必要証拠金で、あとの84000円が余剰金です。

私のリスクコントロールは、84000円÷20000通貨=4.2。16.35円−4.2=12.15円。つまり、1ランド12.15円まで円高にならないと、強制決済されないということです。
しかし、南アフリカランドは金利が高く、FXならこの金利分を日割り計算で毎日もらえるんです。

セントラル短資は1日1万通貨あたり42円のスワップ金利です。
私は2万通貨ですから84円が毎日口座に加算されていきます。

84円×365日=30660円。もし、1年後に今と同じ為替水準なら私は10万円の資金で30660円増やすことができ、口座の資金は13万円になります。

ということは、証拠金を除いた余剰金が増えることになり、それだけ強制決済される為替レートが低くなるのです。

つまり、130000円−16000円=114000円。114000÷20000通貨=5.7円。16.35円−5.7円=10.65円。1ランド10.65円まで円高にならないと強制決済されなくなるのです。

利回りは30660÷100000円×100=30%ですね。

これを複利で運用していけば、3年目で倍の20万円を越え、8年目には10倍の100円を越えます。

私の初期投資は10円です。レバレッジは約3倍です。

ですから、もし仮に1ランド15円14円のように円高になったら、更に1万通貨買い増すことを考えてます。それか、損切りして円高なうちに買うこともできますよね。
このあとは別の FXブログを見に行く

損しないFXのやり方


FXは外国為替の先物取引みたいなもので、儲かるかもしれないけど、損をするときは家や財産を根こそぎ取られるという怖いイメージを持っている人って結構いらっしゃいますよねー。

実はわたしも1年前からFXの名前は知っていたんですが、先物取引みたいに値下がりすると追加証拠金(おいしょう)を取られて破産するってかってにイメージしていてろくに調べもしなかったんです。外貨預金で十分だよ、あんまり儲からんけどって本気で思ってたんですね。

でも、今は後悔してます。なんでちゃんと勉強しなかったんだって。

無茶なレバレッジさえしなければ、外貨預金なんてアホらしくてやってられないです。

株なんかやる気もしなくなります。第一企業の情報なんて一般人にはわかりません。

その点為替はまだシンプルです。たしかにどうなると円高になって、どうすれば円安になるのか、明確なものはありませんが、我々一般人でも、プロでも、情報の量は変わらないんです。為替は。

だから、頭のアンテナさえきちんと立てておけば、一般人でも十分戦えます。

それに、外貨預金と比べて手数料がめちゃめちゃ安いんです。

それだけ利益を出しやすいということです。

TTBやTTSなんて関係ありません。


私がおすすめな通貨は南アフリカランドです。去年1年間は16円台で安定していて、為替差益も為替差損もあまりありませんが、金利が8%を越えているんです。

8%ですよ!

円高になって、1ランド1円に仮になったとしても、強制決済されないようにしておけば、レバレッジ1倍で外貨預金と同じなんです。

現実的ではありませんから、2倍や3倍で始めてもいいとおもいます。そうすれば、1ランド8円(それでも過去にない円高水準)、14円にならなければ、大丈夫なんで、年率16%、32%で運用することも可能なんです。

やらないと、知らないとほんと損ですよ。
このあとは別の FXブログを見に行く

FXはクイック入金がお得

FX会社のインターネット取引では、ネットバンク口座を開いていると即座に入金が可能なクイック入金が大変便利でお得です。

たとえば、マネーパートナーズ
では、入金手数料はマネーパートナーズ
が負担してくれます。

しかも24時間いつでも入金できて、即座に取引口座に反映されます。

現在の提携銀行

イーバンク銀行
ジャパンネット銀行
ゆうちょ銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行

この中で、FXをするなら必ず持っていたい銀行口座はイーバンク銀行ジャパンネット銀行
です。

入出金の手数料って結構バカにならないですからね。


参考:マネーパートナーズ


このあとは別の FXブログを見に行く

南アフリカランド驚異の利回り

071207_1000~0001.jpg
南アフリカの経済は好調なのでしょうか、めちゃめちゃ高金利です。

なんと金利8%を越えています。

南アフリカといえばデビアス・ダイヤモンドとアパルトヘイトしか思いつかないのですけどね。


南アフリカの通貨はランドというのだそうです。

現在1ランド=16.50円前後ですから10000通貨を買っても165000円しかかからないんです。

しかも8%を越える金利ですから毎日40円くらいのスワップ金利が受け取れます。

40円って聞くと少ないなぁと思うかもしれませんが、165000に対しての40円です。

ランドのFXはセントラル短資というFX会社で購入できるのですが、このセントラル短資はスワップ金利が高くランドは42円です。

ちなみにアメリカドルは現在のレートで111000円に対して129円です。

倍近い利回りですね。

レバレッジを1倍か2倍で運用すれば安心確実に南アフリカの高金利が享受できます。

為替は上がることもあれば下がることもありますからイチイチ気にしてられません。

それでも外貨預金よりFXがいいのは売買手数料がただみたいに低いのと、好きなタイミングで決済できるからですね。

早速私はドルとポンドを少額ですが利益確定し、ランドのロングを持ちました。

まずロスカットされる心配がないレバレッジですので南アフリカの高金利が続く間はランドで運用しようと思います。

あとはまだ専門用語に慣れてないのでFX用語集を作りながらさらに勉強してまだ見ぬチャンスに備えたいと思います。

そうそう、セントラル短資は携帯からでも売買注文の取引ができるから1日中パソコンの前にいられない人にはおすすめです。

今は5000円のキャッシュバックキャンペーンと1ヶ月間の手数料無料キャンペーンを行っています。

期間と入金の条件がありますから、詳細はセントラル短資のWEBを確認してくださいね。
このあとは別の FXブログを見に行く

損しないFX

今日は私のブログ仲間のポジショントークさんからの引用です。

ポジショントークさんは楽天ブログで時事経済金融問題をある立場で語っています。

一つの見方として参考になりますよ。

それではポジショントークさんの引用記事いきます。



私は預金という言葉はまやかしだと思います。

銀行に預けるお金を預金というのですが、2ヶ月か3ヶ月分の生活費だけいつでも引き出し出来るようにしておいて、それ以上のお金は我々が銀行に貸しているお金だと思うんです。

もし、あなたが100万円を誰かに貸すとしたら、金利はいくらもらいますか?

一年後に105万円にして返して欲しいと思えば、年利5%です。

あなたはそれを今銀行に0.08%で貸しているのです。

バカらしくないですか?

100万円貸して800円の金利です。

銀行はあなたに800円しか払わなくてよいから、国債を買って100万円あたり14500円国からもらってます。国からというと我々の税金ですね。

差し引き100万円あたり13700円の利益です。

なにそれ?って感じしません?

私ならこう言います。

バカにするのもいい加減にしろ!!!

我々が銀行から住宅ローンを借りれば2から3%の金利です。


このあとは別の FXブログを見に行く

損しないFX補足説明


昨日のポジショントークさんの引用記事で補足したいところがあります。

元手52万円だと1ドル60.01円まで円高になっても大丈夫ですが、実際は、金利分が1日あたり125円もらえますので1年後には125円×365日で45625円が余剰金にプラスされます。

従って、1年後には545625円になっていますから、110円−54.56円で1ドル55.44円まで円高になれば強制決済されます。55.45円までは強制決済されません。

毎日の金利分が余剰金にプラスされるから長くポジションを持てば強制決済される金額は下がるのです。

もし、100万円を元手にするならこういうことも可能です。

6万円を維持証拠金にし、30000ドルを買います。余剰金は94万円です。

940000÷30000は31.33ですから、現在のレート110円−31.33は78.67円。

円高が進んで110円から78.67円近くまで高くなっても、それが6ヶ月後だとすると金利分が余剰金にプラスされますので、実際は125×3×365÷2で68437円が6ヶ月分の金利ですから、940000円+68437円で余剰金は1008437円になります。

すると強制決済ロスカットされる金額は、

1008437÷30000=33.16です。

110円−33.16は76.84円となり円最安値が更新されても、このように78.67円から76.84円に強制決済ロスカットされる金額が下がりますので安心して円安になるのを待つことができるのです。

逆に1円円安になったら30000円と金利分が利益となります。

昨日のポジショントークさんの記事は分かりやすくするために(だと思いますが・・・)日割りでもらえる金利分が余剰金に足されることは触れられていませんでした。

以上補足説明は終わりです。

なお、投資は自己責任で行ってくださいね。でも儲かったら私の貢献もお忘れなく(笑)
このあとは別の FXブログを見に行く

ドルを買ったとたんに


今日ドルを10K(1万通貨)買いました。証拠金2万円、余剰金3万円です。

レバレッジは初心者には無謀な20倍です。

ってことは1円円安になれば、20000円と金利スプレッド1日125円儲かるわけです。

先月中頃には108円まで上がった円が110円まで下がったことから、私はこう考えました。

長期的にはアメリカドルからユーロへ基軸通貨変更があり、ドル安円高傾向だが、短期的には今回のドル安はサブプライムローンによるアメリカ国内の金融不安が起こったもので、ドルが高いほうがよいアラブのオイルマネーがアメリカの銀行に資金援助したことで一気に収束に向かう。ドル高円安になるだろう。
その証拠にドル以外の通貨、円対ユーロ・円対ポンド・円対カナダドル・円対ニュージーランドドル・円対オーストラリアドル・円対スイスフランと、どれをみても円安のままである。

今はドルだけが安く円高になっているだけで、ほかの通貨と同様円安になるはずだ。

このように考えて今日110.36円で10K買ったのです。

昨日、先週ともう一度100円代にならないかなと待って待って、やっぱりここから円安だと思って買ったんです。

そしたら、買ったとたんに円高に振れて、109.75円になっちゃいました。

ほんとに、まだはもうなり、もうはまだなりなんですね。

あと0.25円で損切り価格です。
このあとは別の FXブログを見に行く

番外編207日で1億2047万円稼いだ証拠

メールの送受信しかできず、パソコンど素人のあの冴えない男が、
ネットで207日で1億2047万円稼いだ!?

これでダメなら全額返金!?詐欺か?もしくは自信か?

もしも、3ヶ月間走りぬけ、あなたの満足の行く結果がでなければ、
全額を速やかに返金することを約束してくれています。

パソコンど素人が207日で1億2047万円稼いだ証拠はこちら

このあとは別の FXブログを見に行く

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。