FX外為証拠金取引の情報は「やったるぜFX外為証拠金取引」
北海どんどんのお取り寄せ「世界一美味しい海産物を直送!!」

北海道グルメはおいしいものばかり、全国に北海道ブランドが浸透しているほどファンが多いのもうなづけます。品質は確かだが少しでも安く買いたい人は毎回7%割引(北海道グルメ大使は12%割引)で購入できるこちらをオススメします。



◆お急ぎ下さい! 前代未聞の7ティア北海道グルメアフィリエイト

グルメもショッピングも最大100%キャッシュバック!

これぞクーポン!!高額キャッシュバックGETの方法


★楽天でFX関連のランキングを見てみる★

最近の記事

個人投資家が抱える3つのリスク

昔は「安全で有利な○○」というキャッチフレーズの金融商品をよく目にしました。


今にして思えば「古きよき時代の日本だったからこそ生まれたキャッチコピー」だったのですね。

その頃は経済は高度成長へと向かい、何も考えなくてもただ郵便局や銀行の定期預金に預けておけば、その恩恵に浴することができました。「リスクを取らずとも高い利回りを得ることができた」のです。

しかし、今の時代はそのようなことは夢のまた夢です。いよいよ「リスクを取らないことがリスクになる時代」になったのです。

個人の資産運用にとって今の時代とは、「リスクとうまく共存していかないと手持ちのお金を大きく増やすことができない、もしくは価値が減ってしまう」時代なのです。

汗水垂らして働いて貯めたお金の価値が、名目的にも実質的にも減ってしまうことは、できれば避けたいですよね。


今の時代の資産運用は「リスクを取ってハイリターンを狙う」か「リスクを取らずにローリターンを甘受する」かのどちらかです。

以前は存在した「ローリスク・ハイリターン」の運用など、今後は存在しないのです。

リスクはリターンとの見合いで決まってきます。

高いリターンを得ようとするならば、それなりのリスクを取るのが世界の常識なのです。

リスクを取るためには、リスクコントロール手法を学ぶ必要があります。「リスクコントロールシステムを構築したうえでハイリスクを取る」ことこそが今現在の資産運用法と言うことができるでしょう。

そのリスクコントロール手法の第一歩であり、もっとも重要なことが勉強です。


ところで、現在1400兆円と言われている個人金融資産のうち、未だに多くが預貯金に寝ているようです。

減らなければいい、減る可能性があるものには手をださないと言ってリスク商品に見向きもしないのは、いささか疑問です。

デフレならば現在も続くほぼゼロパーセントのリターンでも目減りはしませんが、原油高や消費物資の値上げからくるインフレは確実に預貯金の資産は目減りします。

今のままリスクを取らずに資産を現金・預貯金中心に置いているとすぐそこにあるインフレリスクにさらされて悲劇にならないか心配です。

これまで述べてきた「リスク」とは「マーケットリスク」のことです。

「マーケットリスク」とは「その商品の性格自身が変わらないのに外的な要因、すなわち経済的な要因等でその商品の価格が上下するリスク」のことです。

金融関係で考えられるリスクにはこの「マーケットリスク」のほかに「流動性リスク」と「信用リスク」があります。
このあとは別の FXブログを見に行く

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。