FX外為証拠金取引の情報は「やったるぜFX外為証拠金取引」
北海どんどんのお取り寄せ「世界一美味しい海産物を直送!!」

北海道グルメはおいしいものばかり、全国に北海道ブランドが浸透しているほどファンが多いのもうなづけます。品質は確かだが少しでも安く買いたい人は毎回7%割引(北海道グルメ大使は12%割引)で購入できるこちらをオススメします。



◆お急ぎ下さい! 前代未聞の7ティア北海道グルメアフィリエイト

グルメもショッピングも最大100%キャッシュバック!

これぞクーポン!!高額キャッシュバックGETの方法


★楽天でFX関連のランキングを見てみる★

最近の記事

損しないFX補足説明


昨日のポジショントークさんの引用記事で補足したいところがあります。

元手52万円だと1ドル60.01円まで円高になっても大丈夫ですが、実際は、金利分が1日あたり125円もらえますので1年後には125円×365日で45625円が余剰金にプラスされます。

従って、1年後には545625円になっていますから、110円−54.56円で1ドル55.44円まで円高になれば強制決済されます。55.45円までは強制決済されません。

毎日の金利分が余剰金にプラスされるから長くポジションを持てば強制決済される金額は下がるのです。

もし、100万円を元手にするならこういうことも可能です。

6万円を維持証拠金にし、30000ドルを買います。余剰金は94万円です。

940000÷30000は31.33ですから、現在のレート110円−31.33は78.67円。

円高が進んで110円から78.67円近くまで高くなっても、それが6ヶ月後だとすると金利分が余剰金にプラスされますので、実際は125×3×365÷2で68437円が6ヶ月分の金利ですから、940000円+68437円で余剰金は1008437円になります。

すると強制決済ロスカットされる金額は、

1008437÷30000=33.16です。

110円−33.16は76.84円となり円最安値が更新されても、このように78.67円から76.84円に強制決済ロスカットされる金額が下がりますので安心して円安になるのを待つことができるのです。

逆に1円円安になったら30000円と金利分が利益となります。

昨日のポジショントークさんの記事は分かりやすくするために(だと思いますが・・・)日割りでもらえる金利分が余剰金に足されることは触れられていませんでした。

以上補足説明は終わりです。

なお、投資は自己責任で行ってくださいね。でも儲かったら私の貢献もお忘れなく(笑)
このあとは別の FXブログを見に行く

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71228973
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。